Sightseeing 世界規模の大自然がここにある。

おもてなし
ご宿泊プランのご予約日帰りプランのご予約
国立公園だからこそ他に真似できない「豊かな自然の癒し」があります。 Sightseeing 世界規模の大自然がここにある。 Sightseeing 世界規模の大自然がここにある。 CMロケ地にも選ばれた絶景の滝。マイナスイオンで身体を癒そう。
鍋ヶ滝

〒869-2502  熊本県阿蘇郡小国町黒渕下滴水
開催:5月1日~5月5日 18:30~21:30(入園料あり)

鍋ヶ滝

「おーいお茶」「生茶」のCMロケ地になったことで、観光スポットとして一躍有名になった滝です。滝の裏側に入ることができる珍しい滝で落水は水のカーテン状で美しく、ゴールデンウイーク中は地元有志によるライトアップが行われます。落ちてくる水のカーテンの合間から緑の木々と木漏れ日の光が森林浴の癒しを誘います。
ゴールデンウィーク期間中は滝を裏側からライトアップするイベントが開催されます。

タデ湿原
タデ湿原

タデ原湿原は、くじゅう連山の北側(標高約1000m付近)に位置し、火山地形の扇状地にできた湿原です。
山岳地域に形成された中間湿原では、国内最大級の面積を持つことなどから、国際的にも重要な湿地であると認められ、2005年11月に坊ガツル湿原とともに「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」として、ラムサール条約(※1)に登録されました。

多様な地質と地形を反映した植生分布(ヨシやヌマガヤ、ススキなどを優占種とし、ノリウツギ低木林、クロマツ群落など)が見られ、我が国を代表する湿地タイプとなっています。タデ原にはツクシフウロ、シムラニンジン、オオミズゴケ等の希少な植物の生育が確認されています。
長者原ビジターセンター
〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野255-33
TEL・FAX:0973-79-2154

※1 : ラムサール条約は1971年2月2日にイランのラムサールという都市で採択された、湿地に関する条約(Convention on Wetlands)です。私たちの生活を支える重要な生態系として、幅広く湿地の保全を呼びかけています。ラムサール条約では、地域の人々の生業や生活とバランスのとれた保全を進めるために、湿地の「賢明な利用」を提唱しています。「賢明な利用」とは、湿地の生態系を維持しつつそこから得られる恵みを持続的に活用することです。

世界規模の自然には太鼓から溢れるエネルギーがある。このエネルギーを「心と身体にチャージ」するという贅沢な体験。
阿蘇
阿蘇

阿蘇山(あそさん)は、熊本県阿蘇地方に位置する活火山。広大なカルデラ地形(鍋型)・外輪山を含めた全域も指す。2007年、日本の地質百選に「阿蘇」として選定され、2009年(平成21年)10月には、カルデラ内外の地域が巨大噴火の歴史と生きた火口を体感できる「阿蘇ジオパーク」として日本ジオパークに認定されました。
スパ・グリネスからは、この阿蘇を一望にでき、その姿が涅槃像に見えることからパワースポットとも言われています。

縄文の聖地・パワースポット「押戸石の丘」阿蘇になぜ?「シュメール文字」が刻まれた巨石文化遺跡を体験。
押戸石の丘
押戸石の丘

スパ・グリネスの周辺観光には「押戸石の丘巨石群」があります。
ここには不思議な線刻文様があり、南小国町教育委員会は、その調査を日本ペトログラフ協会の吉田信啓会長に依頼、その結果、シュメール文字(ペトログラフ)であることが確認されました。
その後、この巨石群は人工的に配置された9組の列石遺稿であり、先史時代の巨石文化遺産であることが、ユネスコ岩石芸術学会をはじめ、アメリカやカナダの国際学会で認証されました。

300万本の花々から元気をもらいませんか?大人から子供まで楽しめる花の楽園です。
くじゅう花公園
くじゅう花公園

大分県竹田市にあるくじゅう花公園は阿蘇国立公園内の久住高原に位置し、日本百名 山のくじゅう連山や遠くに阿蘇五岳を背景とした美しい自然が満喫できる花公園です。春 から秋を通じて約500種300万本の花々が咲き誇ります。
くじゅう花公園の公式サイト
http://www.hanakoen.com

吊り橋で恋が実る?日本一の吊り橋を好きな人と渡ってみませんか?
日本一の人道大吊橋。九重”夢”大吊橋
日本一の人道大吊橋。九重”夢”大吊橋

長さ390m、高さ173m、幅1.5mの日本一の人道大吊橋。
橋の上からは、「日本の滝百選」に選ばれた震動の滝をはじめ、九酔渓、鳴子渓谷の悠大な景色が満喫できます。
天空の散歩道 九重“夢”大吊橋の公式サイト
http://www.yumeooturihashi.com

くじゅう連山
くじゅう連山

くじゅう連山は、大分県玖珠郡九重町から竹田市北部にかけて広がる火山群の総称です。最高峰は九州本土最高峰でもある中岳(1,791m)。日本百名山の一つに数えられ、一帯は阿蘇くじゅう国立公園に指定されています。大船山系と九重山系の間の谷に、ラムサール条約登録湿地である坊ガツルが広がり、長者原から牧ノ戸峠にかけては、やまなみハイウェイの名で親しまれている大分県道11号線が走る九州。観光の名所です。

岡本陸郎美術館
岡本陸郎美術館

岡本陸郎は1943年に生まれ、1969年ニューヨークへ渡り、以来40年以上にわたって巨大な動く岩などの立体作品、そして数多くの絵画作品の制作を続けてきました。2006年6月10日、この美術館は開館しました。建築家村田憲治による斬新な設計と九重、阿蘇の壮大な風景画収蔵展示作品と呼応して新鮮な文化の拠点となっています。
岡本陸郎美術館 rikuro okamotomuseum
http://www.rikurookamotomuseum.com/index.htm

「黒川温泉」も「湯布院」も両方近い。スパ・グリネスを中心に九州を代表する温泉地を楽しむ。
「黒川温泉」も「湯布院」も両方近い。スパ・グリネスを中心に九州を代表する温泉地を楽しむ。
「黒川温泉」も「湯布院」も両方近い。スパ・グリネスを中心に九州を代表する温泉地を楽しむ。
恋人たちの丘。この恋人たちの丘は九州の最高峰くじゅう連山を東側に間近に望み、南側では遠くに阿蘇山を眺めることができます。そして周囲には草原が広がっており、雄大な風景は心を和ませてくれます。